耐震構造の注文住宅をお探しなら耐震ホーム

住宅の階段の安全面について階段は日常的に使用するもの。間取りとの関わりやデザイン的な要素ももちろん大事ですが、やはり安全面がもっとも重要なポイントとなるでしょう。とくに小さい子供や高齢者がいる家庭となればなおのこと。注文住宅の場合とくに階段に配慮し、家族全員が暮らしやすい環境を心がけたいところです。


階段の安全面で重要なポイントとなるのが、まず手すりを用意するかどうか。バリアフリー環境を構築する上でも大きな意味を持っている階段の手すり。この手すりひとつとっても設置する位置や形状にいくつかの種類があります。もっとも一般的なのは壁に沿ってとりつけるタイプでしょう。その場合、手すりの丸みや太さにも配慮したいところ。普段使用するときに使いやすいのはもちろんのこと、いざバランスを崩した時にしっかりと掴まれるかどうかもポイントです。なお、壁に手すりを取り付ける場合には補強が必要になるため、設計段階で専門家とよく話し合って決めるようにしましょう。

それから面積。狭い階段よりも広いスペースを確保できた方がやはり安全性は高くなります。どうしても部屋のスペースを確保したいため、階段のスペースを犠牲にしてしまうケースもありますが、勾配なども配慮したうえで十分安全なスペースを確保しておきたいところです。注文住宅における重要なポイントとなるでしょう。他には夜間にしっかりと足元を照らせる照明を用意することなど、注文住宅ならではの工夫も考えられます。階段はただ移動するだけでなく、誰もが安全に利用できる空間としてとらえることが求められるのです。