注文住宅の外溝について

ホームへ戻る >  新築住宅のインターホン選び  > 注文住宅の外溝について

注文住宅の外溝について充実した注文住宅の環境を整えるためには、建物だけでなく外溝へのこだわりも大事です。建物と庭が違和感なく調和してはじめて理想的な家造りが実現するといってもよいでしょう。


庭は子供の遊び場、ガーデニングなど趣味の空間といった役割だけでなく、住宅の中から眺めてリラックスしたり、充足感を味わうといった視覚的な面でも重要な意味を持っています。


しかし、外溝はただ見た目がよく、スペースがたっぷりとられていればよいというわけにはいきません。あくまで快適な暮らしが送れるための環境が求められます。たとえば光の遮へい。住宅に注ぎ込む日差しをどれだけ遮るか。とくに夏場は省エネの観点からも重要なポイントとなるでしょう。それから日光ではもうひとつ照り返しの問題もあります。日差しが強い日に建物の照り返しが生じてしまうケースもあります。

それを防ぐための対策も注文住宅の計画段階で考慮に入れておく必要があるでしょう。さらに、水や電気のラインを考慮に入れているか。ガーデニングや洗車を行う際には水や電気が必要となります。その位置と水・電気のラインが遠く離れていると不便な環境になりますし、せっかくガーデニングをはじめてもいつしかほったらかしにしてしまい、スペースの有効利用ができなくなります。


このように、外溝は日々の暮らしの快適性とも密接に関わっています。注文住宅の計画時にはどうしても意識が建物に向いてしまいがちですが、外溝の計画も忘れないようにし、同時進行で双方への影響も考慮した上で進めていきましょう。