住宅の坪単価の適正価格

ホームへ戻る >  新築住宅のインターホン選び  > 住宅の坪単価の適正価格

住宅の坪単価の適正価格低価格路線の注文住宅は、広告を打つ際に坪単価を20万円代からと謳う事があります。


そういう金額を目にすると当然、50万円代とか60万円代となっている注文住宅メーカーとどこが違うの、という疑問が湧きますし、お財布の事情を考えて厳しいけれども戸建を、と考える人にとっては、検討の射程に入ってくる事もあるでしょう。大手の注文住宅メーカーが坪単価を抑えた商品を販売している場合、仕入れ時に大量発注できる強みがあり金額が低いということもあります。反面、そのまままの仕様で建てると無個性な印象になるというデメリットがあります。

せっかくの注文住宅で打ち合わせの回数も嵩むことを考えると、安普請は避けたいものです。なにしろローンを組んで長くその家と付き合って行くわけですから、要望は反映させたいですし表情のある家にできれば、それに越したことはありません。坪単価如何に増して、どこまで金額を出してどう自分の空間を成り立たせたいのかを検討するのが大切です。


また、構造材の性能を確保している住宅は、少々金額が高くてもやはり安心感があります。


ローコストの理由にあまりにも質に疑問のある材木を使っている場合、やはり他の住まいも見て再検討した方が得策です。構造材は壁の中に隠れてしまうため、普段存在も作りも忘れてしまうのですが、もし中古住宅として転売しようという時に、性能を問われる事が多いのです。適正価格は安心感の反映と考えたいところです。