住宅の坪単価と土地

ホームへ戻る >  新築住宅のインターホン選び  > 住宅の坪単価と土地

住宅の坪単価と土地日本の住宅事情は土地重視で住宅そのものの性能は二の次である、というのはよく言われる事です。幸いな事に住まい方も多様化して中古住宅やリノベーションも主流になりつつある状況下では、以前ほど土地神話という事が言われにくくなりました。しかし、こと注文住宅の坪単価という事を考えると、土地の価格が高く所得の高い層の多い都心部は、注文住宅の坪単価も高く、郊外や住宅地のまばらな山間部などは、安いという傾向があります。


東京では80万円近くまで跳ね上がる事もある注文住宅の坪単価ですが、同時に物価もその他の費用全般も高いため、東京で仕事をしながら住宅を維持し、生活を行っていくというのはなかなか大変な事となります。

それがリノベーションなど、いわゆる新築でない住まい方に注目があつまる背景ですが、近年では大掛かりなリノベーションの場合、新築と同じように坪で計上するというのも一般的になりつつあります。


また、郊外は東京ほどの地価でなく、住宅をつくる際の費用も割安になります。車で移動したり交通網を使って都心部に出るのにそれほどの不自由はないため、ゆっくり過ごせる戸建の住宅が依然として人気です。ローコスト住宅は、そういった地の利から生まれてきたメーカーが多く、やはり費用は少ないながらも心地のいい家づくりを目指しています。住宅展示場などでこれらの住まい方を並列して検討する際、自分の建築予定地の特性をつかむことは大きな強みとなってきます。