歯医者の仕事の大変なところって?

ホームへ戻る > 歯医者の仕事の大変なところって?

歯医者のやりがいってどんな部分?
歯医者のウォーターレーズ
歯医者のウォーターレーズの魅力
ドリンクサーバーのある歯科クリニック
歯科クリニックの初診の方へ

歯医者の仕事の大変な部分とは、どんなところにあるのでしょうか?どんな仕事でもそうですが、やりがいのある部分もあれば、ちょっと大変に思ってしまう部分もあります。歯医者の場合、人の役に立つ仕事ですし、人から感謝される仕事ですからやりがいは十分。ですが、その反面でむずかしさもあるのは当然のことです。ここでは、歯医者の仕事の大変なところはどんな部分なのかについて紹介しましょう。


歯医者の行う作業は、基本的に口腔内という小さな空間の治療ということになります。小さな何ミリという世界で調整を続けて行くのが仕事ですので、手先の器用さはもちろんのこと、集中力、慎重さなども求められます。自分がどれだけ疲れていても、手元が狂って歯を削りすぎてしまったり、詰め物の合わせ方が悪かったら、患者さんに迷惑がかかってしまいます。

そういった意味では、人の役に立つ仕事である反面、責任も大きく、常にプレッシャーと隣り合わせの仕事である、といえるでしょう。


また、常に患者さんがいる仕事なので、自分の都合で休みにくい、というのも歯医者の大変なところなのかもしれません。早く帰りたいという日でも、急に歯が抜けた、欠けてしまって困っている、痛みが強い、などの理由で駆け込んでくる患者さんもいらっしゃいます。歯の痛みやトラブルには緊急性の高いものも多いので、そんな場合には自分がどれだけ急いでいても対応しなくてはならない、というのも、大変さのひとつとして挙げられるでしょう。