歯医者のウォーターレーズ

ホームへ戻る >  歯医者の仕事の大変なところって?  > 歯医者のウォーターレーズ

虫歯になって歯医者で治療する時に、タービンと呼ばれる専用のドリルを使って、虫歯を削っていく必要があります。この時に、キーンといった甲高い音がします。また歯を削っている時に、独特の振動が伝わってきます。この振動や音に嫌悪感を持っている人は多いかと思います。このため、歯医者に行くとなると、気分が憂鬱になってしまうという人も多いかもしれません。


通常このような苦痛を和らげるために、麻酔を使うことが多いです。しかし麻酔の注射を打つわけですから、注射針が刺さった時には、それはそれで、痛みを感じてしまいます。また子供に対して麻酔を使用すると、麻酔で口がしびれた状態になって、感覚がつかめなくなります。すると誤って唇などを噛んでしまって、唇が腫れてしまうことになりかねません。このように虫歯の治療をする時には、いろいろな不都合がありました。しかしウォーターレーズを使用することによって、虫歯の治療の時の不快感をなくすことができるかもしれないのです。

ウォーターレーズとは、霧状の水を使って、虫歯を削る歯医者の新しい治療法を指します。水圧を利用して、虫歯を飛ばしてしまう治療法なのです。ウォーターレーズの特徴として、痛みがあまり起きない所にあります。タービンを使った場合には、麻酔を使用しないといけないケースでも、ウォーターレーズであれば、麻酔なしで治療することが可能です。他にも歯肉を切るなどの治療も、麻酔なしで実施することができます。