妊婦の歯科クリニック

ホームへ戻る >  歯科クリニックに化粧はした方がいいの?  > 妊婦の歯科クリニック

妊婦は歯の治療を行うことはできないのでしょうか?答えは、妊娠中全ての期間において、治療をすることが可能な歯科クリニックがほとんどです。しかし、流産しやすい妊娠初期や、いつ産まれてもおかしくないような妊娠後期には、歯の治療はできるだけ避け、応急処置のみ行います。虫歯治療を行いたいのであれば、安定期である妊娠中期、妊娠5ヶ月~8ヶ月の間に行うことをおすすめします。


妊娠中に虫歯になってしまったら、子供が産まれてくる前に治療を済ましておいた方が良いです。子供が産まれてしまうと、毎日を子供の世話に終われ、自分の歯の治療は後回しになってしまう場合が多いです。

また、落ち着いてきても、子供連れで歯科クリニックには行きづらいものになるので、子供が産まれる前に虫歯や歯周病の治療は済ませておいた方が良いのです。


また、妊娠中の歯の治療の一つにレントゲンがあります。妊娠していることが分かっていれば、通常歯科クリニックではレントゲンは撮らない方針をとっているところがほとんどです。もちろん、歯のレントゲンしか撮らないので、赤ちゃんに影響があるということは可能性として非常に低いものになりますが、もしものことを考えて、レントゲンは控えるようにしています。麻酔も赤ちゃんに影響がないのか心配になる人もいるかもしれませんが、局所麻酔になるので、影響はないので、安心して下さい。妊娠していると、赤ちゃんのことが気がかりになることも多いかもしれません。疑問点や不安なことは、歯科医師にしっかりと聞くと良いでしょう。