歯科矯正の値段設定の違いについて

ホームへ戻る >  歯科クリニックに化粧はした方がいいの?  > 歯科矯正の値段設定の違いについて

大人になってから矯正の治療を受けたい、と考える方は増加しています。昔は大人になってからの歯科矯正は困難なことが多いと認識されていました。しかし、矯正の技術が向上し、審美性を考慮する方が多い現在、大人になってからの歯科矯正も比較的スムーズに治療を受けることが出来るようになっているのです。


歯科矯正において、何故子供の方が矯正治療を行いやすいかというと、歯と歯が生えているあごの骨についての発達が途中の段階だからです。発達途中ということは、歯の生え方や向きなどが大人に比べてきちんと安定していない、ということを指します。ですから、矯正器具を使用して歯を動かす、ということも大人に比べて比較的スムーズに、そして短期間での治療を実現することが出来るのです。治療が短期間ということで、その費用についても安く抑えることが出来るのが、子供における歯科矯正治療のメリットと言えます。

歯科矯正についての治療費は保険適用外なので、全て自費で賄う必要があります。そして、保険適用外ということは歯科ごとに定めた治療の値段設定があります。同じ治療方法でも歯科ごとに値段が違うというのはこのためです。値段が安いからといって医師の腕が悪いというわけでもありません。安かろう悪かろう、というわけでは決してありませんので、矯正を検討しておられる方は、受診をする前に治療についての費用やその歯科の得意とする矯正方法は何なのか、ということをしっかり調べて行く必要があるのです。