賃貸マンションのインターネット環境

ホームへ戻る >  賃貸物件の水回りチェック  > 賃貸マンションのインターネット環境

テレビがデジタル化されましたが、賃貸マンションの対応の方法はいろいろなタイプがあります。アンテナのみ対応している場合には、地上波デジタル受信することができません。また、ケーブルテレビや光ケーブルを導入していて、複数のデジタル放送の受信ができるように対応しているケースもあります。


賃貸マンションの新しい、古いにかかわらず対応機器によって受信状態は異なりますので確認が必要です。詳細情報で確認するだけでなく、営業マンや内覧時に確認をします。ケーブルテレビに加入している場合には、使用料金が付加されていますが、受信できるチャンネル数もチェックしておくと、入居してからテレビが見られないというトラブルにならずに済みます。

インターネットの接続には有線と無線がありますが、有線でもケーブルと光があります。賃貸マンションに入居するときに有線接続の設備がないと、不便を感じることがあります。最近はテレビ、インターネット、電話をバックで導入していることもあり入居契約時に同時に契約することができて便利です。


物件によっては個人で個別契約をしなければならないケースもありますので、この点は要チェックです。インターネットや電話の設備がなくても無線で接続できますし、携帯電話を使用すれば事足りますが、賃貸マンションが建っている環境によっては電波が届きにくいこともあります。有線接続の環境があること、無線機器でも電波状況が良いということは賃貸物件には大切なポイントともいえます。