二世帯住宅の一戸建て

ホームへ戻る >  賃貸物件の水回りチェック  > 二世帯住宅の一戸建て

一戸建てを購入するときには、さまざまな選択肢があります。そのひとつが「二世帯住宅」です。


二世帯住宅はすっかり一般的になり、利用する方も多くいらっしゃいます。ここでは、二世帯住宅のメリットやデメリットについて紹介しましょう。


二世帯住宅の一戸建てのメリットは、親子の世帯で家を共有できる、家族間のコミュニケーションが円滑になるなど、さまざまなメリットがあります。それぞれで家を持つよりも安くて済む、という経済的なメリットも大きいですね。

反面、デメリットもあります。どうしても子世帯のどちらかは「他人」という状態になりますので、二世帯住宅の一戸建てを建てたことによってトラブルが起こって関係が悪化してしまったり、掃除、洗濯、入浴などが落ち着いてできなくなってしまう、などのデメリットもあります。メリットとデメリット、両方のバランスをしっかりと考えておきたいですね。


二世帯住宅の一戸建ては、プランニングの方法によって、さまざまな要望を叶えることができます。たとえば、家族間のコミュニケーションを大切にしたいなら玄関を共用にして、自然と顔を合わせられるように設計すれば良いですし、トラブルが起こりがちなキッチンやお風呂場を分離しておけば、お互いに配慮しながら暮らすことが可能です。プライバシーを一番に重視したいなら、すべてを完全に分離式にして、水道などのメーターも別にしておくことも可能です。完全分離にしておくと、親世代が住まなくなった後も賃貸に出すことができる、などのメリットもあります。