自分で水サーバーをメンテナンスをする

ホームへ戻る >  大規模オフィスビルの居住性  > 自分で水サーバーをメンテナンスをする

水サーバー業者は定期的に、サーバーのメンテナンスをしてくれます。しかしせっかく新鮮できれいな水の宅配を受けるのですから、自分でもサーバーのメンテナンスをしたいと思っている人もいるでしょう。大がかりなメンテナンスは自分ですべきではなく、プロの宅配業者にお願いすべきです。しかし簡単なメンテナンスであれば、自分で行うように心がけましょう。では具体的にどのような所のメンテナンスをすればいいのでしょうか?


まずは、ボトルの周辺のお手入れをしましょう。宅配されたボトルを交換する時に、差し込み口とその周辺を拭く習慣をつけましょう。できれば、アルコールを使って拭くと、消毒効果が期待できます。

水が新鮮でも、差し込み口の周辺が汚れていると、水に細菌が含まれてしまう恐れがあります。このような事態を防ぐためには、差し込み口を常にきれいにすることを意識しましょう。


他には、水の出てくる部分をきれいにしておきましょう。まずふきんを少し湿らせて、拭いて汚れを落とします。その上で、アルコール系の消毒液を使って、殺菌消毒をしましょう。また受け皿が取り外せるのであれば、こちらも定期的に洗浄しておきましょう。洗浄の仕方ですが、他の食器を洗うのと同じようなやり方で構いません。


本体のお手入れも、できる範囲で構いませんので行いましょう。電気プラグの周辺には、ほこりがたまりやすいので、除去しておきましょう。メンテナンスをする時には、コンセントは抜いた状態にすることです。