がんの今後

ホームへ戻る >  大規模オフィスビルの居住性  > がんの今後

がんはこれからも、残念ながら増え続けることが予想されます。その理由として、やはり生活環境の変化です。日本は先進国で非常に便利な国ですが、欧米文化の追従で、無理なダイエット、サプリメントの乱用、高カロリーの食生活が蔓延しています。こうなると生活習慣病からや、免疫不足からのがんが起こってしまう可能性も多いにあります。


日本は、昔の文化を今からでも見直すべきです。日本の和食は、非常に優れていますし、海外でも注目されているのに、何故か本場の日本では、どんどん注目されなくなりました。和食の健康効果は、どのサプリメントよりも高いですし、予防という観点から見ると非常に素晴らしいのです。

今の状態を続けている日本では、残念ながらどんどん病気やがんは増え続けていくでしょう。病気の予防や健康を維持するためには日常生活を改めることが一番簡単ですし、長い目で見れば大きな効果を発揮します。


しかし、がんになってしまってからも医学の発展により優秀な治療が生み出されていますし、今や不治の病ではなくなりました。その反面、医療代もたくさんつきますし、再発という怖さも日常でつきまといます。こうなる前にできることを自分でやるしか無いのです。自分の体は自分でしっかりとメンテナンスして、強い抵抗力を身につけておかなければなりません。このような予防法をどんどん実行し、日常生活をより良いものにすることが個人個人の使命なのだと思います。